● 2014年1月1日 明けましておめでとうございます

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
皆様には輝かしい新年をお迎えのことと心よりお喜び申し上げます。
そのような中、昨年は“アベノミクス”効果もあり、株価を始め各企業回復の
兆しを見せ始めました。
国民は今後の新政権には大きな期待を寄せています。

 

まずは経済の立て直しを最重点政策課題に挙げ、次元の違う経済政策によって
局面を打開しようとしていますが、今後の動向が注目されるところです。
第2次安倍内閣で副総理兼財務大臣兼金融担当大臣として再入閣した
麻生太郎大臣は昨年年初に現在の景気状況を景気の“気”が足りない
として対策を打ち続けました。
くれぐれも“気”だけで終わらず実質成長を促進してもらいたいと思っています。

 

一方タイヤ業界は各社とも強気の決算見込みで推移しました。
ブリヂストンを始め各メーカーは既に世界を視野に入れた競争に突入しており
海外の好調さが強気の決算見込みをはじき出す状況であり、
逆に国内リプレースは益々厳しい戦いに突入する状況になっています。
先ずは消費税導入前の需要をどう取り組むかが今年上期の課題になりそうです。
この事は卸事業も小売事業も同じ事です。
特に小売事業に於いてはこの事への準備を整えて需要の取りこぼしが無いように
しなければならないと思っています。
今年2月には又新商品を上市させて頂きます。
特にPOTENZA adrenaline RE002は近年ブリヂストンのラインナップにはなかった
商品でリーズナブルな価格でPOTENZAの高性能を味わえる商品となっており、
特にボーイズレーサー系のお客様には喜んで頂ける商品となっています。

 

今年も変わらぬ御愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
最後に皆様のご多幸、ご繁栄をお祈りいたしまして年頭のご挨拶とさせていただきます。

平成26年元旦
株式会社 プログレス
代表取締役 社長 加藤一夫

▲このページのトップに戻る